FC2ブログ

THE HAUNTED 通信。

2002年10月22日(火)開始。THE HAUNTED、そしてWITCHERY関連ニュースやら小ネタやらを集めた個人的で非公式のサイトです。

北欧日記(2)~ついに念願のスウェーデン上陸!

6時頃起きて朝ごはんを食べに行きました。
しかし、なんだか他人の視線を感じ、どーも落ち着いて食べれませんでした…。
コーヒー飲みたかっただぁ…。TT

部屋に戻ったら、さっさと支度してチェックアウト。
外に出ると、朝8時だというのに夜のようです。
中央駅まで歩いて行き、電車に乗って空港へ。

飛行機のチェックインをとっとと済ませて空港内をうろうろ。
で、ずっと待ってても乗る予定の飛行機のゲート番号がなかなか表示されない…。
搭乗時間10時なんだけど…と思ったら、その10分くらい前になってやっと表示される。
いた所とかなり反対方向…だったので、少しダッシュします。

そして、飛行機に乗りましたが…自分の番号の所に荷物入れれないよ…エーン。TTと思って、
しばらくボーゼンと立っていると、親切な女の人が空いてる所に入れてくれました。ありがとうございます。

っつか、私と同じ列の女め!無視して新聞読んでるし…くぅー。
ま、なんてか早いもの勝ちってか、空いてるならとっとと入れちめーって感じかね。
先手必勝だ。ず太くやってやるぅ。

席は成田から乗ってきたのより少し余裕がある…気がしました。
窓際の席にしたので、ずっと風景を見てました。
ストックホルム(…と思われる)付近は真っ白。
やぱコペンハーゲンより寒いんだろうなーと。

それにしてもストックホルムはマヂで島だらけですな。
松島を思い出して一人でほくそ笑む私ですた。 ̄m ̄
(って、ここまで来て何考えてんだろ…自分。)

約1時間の飛行の後、Arlanda空港に着きました。
ここから中央駅まではバスで行くことに。
バス乗り場に行くと、中央駅の表示のバスが止まっていたので乗り込みました。
窓際に座る…が、全然掃除してないっぽくあんましよく見えないんだに。
しかも西日がキツイ…。昼なのにもう夕方のようだす…。
さすがだ北欧…と妙に感心する。(笑)

まぁよく見えないけど外の風景を眺めつつ、1時間足らずで中央駅に到着。
それから地下街を歩いて行きます。
お腹が空いたので、マックでごはんすることにしましたが、
対応してくれた女の子が、私の英語力の無さにあきれてるよぉでした…。(泣)
なんかもぉ最後は「とっとと行け」みたいな感じだったな…。(←被害妄想気味。)
もっと努力します…。(沈)

その後地下鉄に乗るべく、ホームまで歩く歩く。
そして改札で、泊まるホテルの最寄り駅・Slussenまでの切符を購入して電車に乗り込みます。

中央駅から2駅目がSlussen。
駅を出ると、本当にすぐにこれから2泊するホテル・Anno 1647が見えました。
しかし、ちょとぐるっと回らないと中に入れません。
で、この時に対応してくれたフロントのおねーさんはなかなか良さげでした。
しかも漢字でサインをしたらすごい喜ばれました。(笑)

カギを受け取って部屋に行きました。
そして中を見て、う~む…。
古い建物だし、一番安い部屋だから仕方ないとは思ってましたが、
コペンハーゲンのホテルに比べるとちょと汚い。
それと、ヒーターが壊れてるわけではないけど、あんまし温かくないぞー。
あと木の床だからなぁ…寒いの。

窓から外を見ると、向かいの建物の中の様子が見えます…。
レースのカーテンなんつものはないし、あんまし見られるとか気にしてないよぉな感じよねぃ。

ストックホルムの夕暮れ…って、まだ午後2時。

↑午後2時ですでに夕暮れのストックホルム。
ちなみにこの写真を見たウチの妹は「火事だと思った」らすぃ…。


ケータイでブログに書き込みしていると、
廊下から何回もカギをガチャガチャ開け閉めしている音が聞こえる。
しかも、なんか音が近づいてきてるよぉな…。
と思ってると、なんと!私の部屋のドアもいきなり開けられ、「ちょっとぉ!?」と声出したら、
黒人のおばさんがナニヤラ言って「Sorry」とドアを閉めて行きました…。なんなの…。

この部屋に来てから、テレビに2回も頭をぶつけ(痛)、↑のようなこともあり、
かなりイヤンな気分になりました…。う゛ー。

さて、気を取り直してホテルの周りを散策に行くことにしました。
地下道(?)を通って行くと、FACE DOWNのポスターがあちこちにベタベタ貼ってありました。
あと、CONSTRUCDEADのとかも。
さすがー、地元やー!

FACE DOWNのポスター。



街はクリスマスムード満点でございました。
ツリーやショーウィンドウの飾りつけとかがすごいおされさん。
で、ちょと写真を撮ろうとしたものの、私のカメラは暗い所に向いてないので
失敗に終わりました…。TmT

歩いてる途中でセブンイレブンE気分があったので、ホットドッグを購入し、
店内のイスに座って通りを眺めながら食しました。もぐもぐ。

それからSlussenから2駅先のSkanstullとゆー所までずっとずっと歩きました。
もぉ、ロンドンと同じで車が来なけりゃ赤信号でも渡ります。
どーでもいーが、青信号の発する音がスゲェ急かしてるような音で、なんだかイヤーン。

着いた時は、ストックホルムの寒さも大したことないな…と思ってましたが、
さすがに日も落ちてしばらくすると風が身にしみました。さむー。

ホテルに戻る途中、本屋に寄ってメタル誌をチェック。ふむふむ。
そーしてると私の隣に背の高いスキンヘッドのお兄さんが来て『TERRORIZER』を読み始めました。
同志だぁー。(笑)

で、THE HAUNTEDがちょこっと載ってたので『TERRORIZR』と、
日本じゃきっと入手不可…の『Slavestate』を購入。FACE DOWNが表紙でしたのよ。
まぁスウェーデン語読めないんですけど。(笑)

それからホテルに戻り、ベッドの上でうだーとしてると突然部屋の電話が鳴る。
フロントから?と思ったら、なんと、次の日ライヴをご一緒することになっているヨッケさん!
イェテボリでのライヴチケットがソールドアウトになったのをかなり心配してたというので
わざわざ電話下さったのです。どうもすみませんー。

でも私はきっと大丈夫なんとかなるーという自信は…ありました。90%以上は…。

電話が終わって8時頃…。
急に超眠くなり、顔すらも洗ってないのにナニもやる気が出ずにベッドにもぐり込みました。
でもやっぱり落ち着かんのねー。
なので、10時くらいに気合を入れてシャワーを浴びに行きました。ちょとぬるかったよ…。

部屋に戻ると隣の部屋の人がテレビつけてるのが丸聞こえし、外からも人の声がしてうるさいので
ここで持ってきた耳栓が役に立ちました。
やっぱり部屋がどーにも寒いので、本当はよろしくないけどカイロを貼って寝ました…。
Posted by GJ on  | 
該当の記事は見つかりませんでした。